プロフィール

和合 治久和合 治久(わごう はるひさ)

(父・和合正治は元・松本市長、全国市長会副会長歴任、サイトウキネンフェスティバル設立に貢献)

1950年長野県松本市生まれ。

東京農工大学大学院修了後、京都大学にて理学博士取得。

埼玉医科大学短期大学教授・学科長・学長補佐、埼玉医科大学保健医療学部教授・初代学科長を経て、現在、埼玉医科大学短期大学名誉教授、前・埼玉医科大学教授。

専門は比較免疫生物学、免疫音楽医療学で、人間を含めた動物の健康維持機構を研究。

中国・長春中医薬大学客員教授、首都大学東京および尚美学園大学で講師を兼務。
国際個別化医療学会顧問、日本臨床検査学教育学会理事、日本臨床音楽研究会理事、日本作家クラブ評議員、公益社団法人「虹の会」理事、「ふるさとテレビ」顧問、日本アゼルバイジャン協会理事などを務める。

これまでに、国際比較免疫学会アジアオセアニア会長、日本比較免疫学会副会長などを歴任。
東京農工大学、東京都立大学、御茶ノ水女子大学、名古屋大学大学院、弘前大学、早稲田大学、放送大学大学院、新渡戸文化短期大学などで非常勤講師を務めた。

受賞歴に、文部大臣賞、日本応用動物昆虫学会賞、日本臨床検査学教育学会精励賞などがある。

各地の講演のほか、テレビ、ラジオ、医学・健康雑誌等で活躍する一方、日本各地で音楽セラピーコンサートを開催し、治未病活動を推進している。

座右の銘は「人生に逃げ場なし」。

著書

2017
『聞くだけ!最恐ストレスからあなたの自律神経を守りぬくCDブック』
2016
『聞くだけ!認知症にならないためのCDブック』
2015
『粘膜力でぜんぶよくなる-れんこんパワーで病気をはじき出す!』
2013
『聴くだけで心と体が安らぐ周波数528Hz CDブック』
『音楽療法元年-未病を克服して健康寿命の延長をめざす』
2012
『脳と心に効く!母と子のためのモーツァルト』
2010
『音楽療法士への期待 21世紀の音楽療法を考える』
2008
『モーツァルト音楽療法で未病克服力をつける』
2005
『モーツァルトを聴けば免疫力が高まる!』
2004
『モーツァルトを聴けば病気にならない!』
『健康モーツァルト療法-免疫音楽医療入門』
『聴いて治す耳鳴り・難聴』
『花粉症 塗るだけ聴くだけ免疫療法-レンコンとモーツァルトで治す』
2003
『アマデウスの魔法の音』シリーズ
『アマデウスの魔音の癒し 耳鳴り・難聴が治った』
1997
『動物の血液細胞と生体防御―免疫システムを支える細胞の姿』
1994
『動物免疫学入門』
1993
『こうして治す花粉症―免疫学による正しい予防・診断・治療』
1983
『昆虫の生体防御 食細胞の不思議』

監修・解説CD

  • 『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』『自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~』(第57回日本レコード大賞・企画賞受賞)
  • 『最新健康モーツアルト音楽療法BOX』『治・未病音楽療法 モーツァルト』
  • 『The Mozart Therapy』
  • 『身近にできる音楽療法』